【アルネオ】アルテイルNEOの特徴と遊び方

アルテイルNEO(アルネオ)の特徴と遊び方を紹介しています。まだアルテイルNEO(アルネオ)を始めて間もない方や、これからプレイしようと思っている方は参考にしてみてください。

目次
アルテイルNEO(アルネオ)とは?
アルテイルNEO(アルネオ)の特徴
アルテイルNEO(アルネオ)の遊び方
1:リセマラのススメ
2:4つの神族の特徴を知ろう
3:カードの種類を把握しよう
4:SINGLE MODEでゲームに慣れよう
5:フェイズの流れを把握しよう
6:デッキを作成してみよう
7:オリジナルデッキで対戦をしよう

アルテイルNEO(アルネオ)とは?

アルテイルNEO(アルネオ)は、15年以上の歴史があるオンラインカードゲーム「アルテイル」のスマホアプリ版になります。

アルテイルならではの独自のゲームシステムはスマホでも引き継がれており、カードゲーム初心者でも楽しむことができる操作性と奥深いゲーム性が魅力です。

アルテイルNEO(アルネオ)の特徴

ドローが存在しない対戦システム

アルテイルNEO(アルネオ)の大きな特徴として、ドローがなくデッキの全てのカードが手札になるバトルシステムがあります。“勝ち方は自分で決める”とあるように、デッキ内のカードを好きなタイミングで使用することができ、自分自身の腕こそが勝利へ直結します。

お互いのフェイズは全て同時進行

お互いのフェイズは、R.T.A.SYSTEM(Real Time Active Systemの略)となり、全て同時進行になります。そのため、ターンに先攻/後攻がなく、有利不利が生まれにくいのが特徴です。

アルテイルNEO(アルネオ)の遊び方

1:リセマラのススメ

「アルテイルNEO」では、事前登録報酬とチュートリアルクリア報酬から合計40個の「BASICパックチケット」が獲得できます。リセマラ時間もチュートリアルをスキップすることで、5分ほどで終了するので、まずはリセマラを行ってからゲームを始めるのも良いでしょう。

おすすめの最強カードについては下記の記事を参考にしてください。

2:4つの神族の特徴を知ろう

アルテイルNEOのカードは「リフェス」「ローティア」「ゴウエン」「ファルカウ」という4つの神族が設定されています。

それぞれにコンセプトと特徴が違うため、まずは神族の特徴を把握して、どの神族を軸にデッキを構築するのかを決めておくのがいいでしょう。
神族の特徴 特徴
リフェス 味方の回復や防御力の上昇などの支援を行え、耐久力を活かした戦い方に長けている。
ローティア 妨害スキルが揃っており、攻撃的に攻めたり、ややトリッキーな戦い方をするのが得意。
ゴウエン ゴウエンのカードのみが使える「ランクアップ」を使いこなすことで、強力なユニットを展開できる。
ファルカウ 返却効果をはじめとしたトリッキーなカードで相手のリズムを崩して戦うのが得意。

関連項目

3:カードの種類を把握しよう

カードには、ユニットと魔法の2種類が存在しています。

また、ユニットの中にはネームドというカード種類もあり、通常のユニットカードよりも強力な効果を持っている代わりに、同名のカードをバトルフィールドに2体以上登場させることができません
また、デッキの25枚のカードとは別にシールドを5枚設定します。

このシールドはプレイヤーを守る役割を持っており、それぞれに1〜3のLP特別なスキルを持っています。LPが少ないものほど自身にメリットのある強力なスキルを発動するため、どんなシールドを設定しておくのかもバトルにおいては非常に重要な勝敗を分けるポイントです。

関連項目

4:SINGLE MODEでゲームに慣れよう

序盤はSINGLE MODEでゲームに慣れていきましょう。
特に「プラクティス」はチュートリアルの延長線のような内容になっており、初心者の方は最初に挑戦しておくのがおすすめです。

5:フェイズの流れを把握しよう

バトルのフェイズの流れは以下のような順番で行われます。
順番/フェイズ名 解説
1:セットフェイズ SPが2増加し、昼→夕→夜→昼の順でバトルタイムが進行。また、SPを消費して属性値を上昇させたり使用するカードを選択することができる。さらに、クローズしたカードがある場合、復活させるかどうかの選択ができる。
3:オープンフェイズ セットフェイズで選んだカードをお互いに公開。オープンスキルはこのタイミングで発動。また、選んだカードが復活する。
4:アクションフェイズ 場にあるカードごとに設定された、速さの数値が高い順に行動をする。速さが同数の場合はランダム。また、1ターン目はスキップされる。
上記のフェイズを勝敗が決するか、ターン数の上限(30ターン)まで繰り返していきます。

関連項目

6:デッキを作成してみよう

デッキ作成は、ホーム画面下の「Deck」から行うことができます。最初から任意の神族の初心者デッキはありますが、どんなカードがあるのか把握するためにもオリジナルデッキは早めに作成しておくのがおすすめです。

関連項目

7:オリジナルデッキで対戦をしよう

オリジナルデッキを作ったら、「バーサス」から対人戦を行うのがおすすめです。最初のうちは強いプレイヤーのデッキを参考にするのも上達するためのコツになるので、積極的に対人戦を行っていきましょう。

自分のオリジナルデッキを1度試してみたい方は、「シングル」から「NPCバトル」を行うのも有りです。

関連項目

▲分からない単語は用語集でチェックしておきましょう。
© Coreedge Inc / © So-net Game Studio Limited
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。