【アルネオ】おすすめシールド一覧

アルテイルNEOのおすすめシールドをパック別に一覧で紹介します。ぜひデッキ構築の参考にしてみてください。

目次
ベーシックのおすすめシールド
戦いの嚆矢のおすすめシールド

ベーシックのおすすめシールド

カード 備考と解説
不死鳥の降臨 [LR] 不死鳥の降臨

LP:1
多くのデッキで1枚目に配置されている返却系。Lv制限があるため後半は使いづらいが、序盤であれば大抵の相手は展開が遅れる。現環境では採用率が非常に高く、“序盤に主力を出さない”、“返却対象にならない、返却されても問題ないユニットを出す”などの意識した立ち回りが必要。
生命の雨 [LR] 生命の雨

LP:1
全体ダメージに弱い小型系デッキなどで採用される。大体の場合は3〜4枚目にセットされている。なお、バトルフィールドのユニットは1〜9の順番でリムーブされ、LPが減少してシールドスキルが発動するため、このシールドを使う場合は配置場所により気を配っておきましょう。
蘇生の炎 [SR] 蘇生の炎

LP:1
防御力の高いリフェスのユニットやクローズ時に完全回復するユニットと組み合わせると強力。大体は序盤に使われるが、デッキごとに強化先のユニットを配置するタイミングに合わせた位置にセットすると良い。なお、相手ユニットがいなくても強化だけはできる。
強制徴募 [SR] 強制徴募

LP:1
自分の盤面が有利な状態で発動できれば勝ちが決まることもある切札的シールドで、小〜中型の並べると強いデッキで使われる。主に虫〜後半に発動させるものなので、デッキによるが’3〜4枚目、光の精霊を使わないデッキなら2枚目に配置することが多い。
魂断ちの呪い鎌 [SR] 魂断ちの呪い鎌

LP:1
貴重な墓地送り。自ユニットも生贄にしなくてはいけないが確実性が高く、デッキによってはSP減少よりもデメリットが軽い。大型ユニット対策として3〜4枚目に配置される。
地脈の力 [R] 地脈の力

LP:1
基本的に無駄にはならず、ダメージ系では特に使いやすくバランスが良い。レアリティも低く、序盤は迷ったらこれを3枚入れておくだけでも強い。
闇からの短剣 [R] 闇からの短剣

LP:1
SP減少は決まると大きいが、無駄になることもしばしば。とは言え序盤で完全に無駄になることはそうそうないので、SP管理が得意なら地脈の力よりこちらを選ぶのも良い。
精神の集中 [R] 精神の集中

LP:1
リフェスは例外だが、大体の厄介なユニットを退けられるため採用率の高い返却系。デメリットもあるため中盤以降に発動させるように配置すると良い。
後悔の念 [R] 後悔の念

LP:3
デメリットが軽くLP3の中では採用率が高い。5枚目によく配置されている。
戦花の一撃 [HN] 戦花の一撃

LP:1
ダメージ量と対象数のバランスが良く、ダメージ系の中でも強力。ある程度相手が展開したところを狙いたいので、2枚に配置しておくと安定する。しかしながら、同様の効果で最大HP減少の「赤い大雷」が優先されることも多い。
天からの光 [HN] 天からの光

LP:1
「強制徴募」対策兼自分だけデッキに戻すコンボ用やデュランダル対策として使える。相手を選ぶが切札を潰せるので、墓地対策のしにくいデッキでは選択肢に入る。
魔女たちの宴 [HN] 魔女たちの宴

LP:1
デメリットの無い返却系。アクション終了状態が条件なので、本体が攻撃される想定の位置か、アクション終了系スペルとの組み合わせで使われる。
冥将軍の儀式 [HN] 冥将軍の儀式

LP:1
デメリットの無い返却系。アクション終了状態が条件なので、本体が攻撃される想定の位置か、アクション終了系スペルとの組み合わせで使われる。
奇跡の光 [N] 奇跡の光

LP:1
大型デッキなどが1〜2枚目に配置することが多い、無難かつ強力なSP増加。
鎧徹し [N] 鎧徹し

LP:2
LP2の中でも最も有能。そこそこのLPとダメージ量で耐久力が高い。LPを高めに設定したい場合や、LP3のシールドを使いたくないときの調整などに。
暴風岩 [N] 暴風岩

LP:2
LP2のもう1つの選択肢。こちらは序盤に動かない大型デッキなどが1〜2枚目に配置すると強力。相手の精霊系ユニットを除去してシールドスキルの暴発を狙える。

戦いの嚆矢のおすすめシールド

カード 備考と解説
べっとりな罪悪感 [LR] べっとりな罪悪感

LP:1
SP減少系では最も使いやすいシールドで、盤面に触れないが序盤中盤の遅延力は高い。小型速攻系デッキの1枚目や戦闘用魔法少女/欠陥品のスキルで毎ターン発動するなどのコンボで使用される。
冥府の小匣 [LR] 冥府の小匣

LP:1
小〜中型の並べると強いデッキと好相性。効果の程はタイミング次第なのでデッキを選ぶが、一方的に攻撃することで盤面を取り、SP増加で次を展開できれば強力。小型デッキであれば、1〜2枚目、中型デッキであれば2〜3枚目など、デッキごとに展開の山場になる位置に配置すると良い。
黒森の血まみれ牙 [R] 黒森の血まみれ牙

LP:1
ダメージ系のシールドの中でも特に対象が多く、タイミング良く発動できれば強力。ただし、未行動限定かつ序盤で3体を巻き込めるとは限らないため、ややデッキを選ぶ。
惑わしの羅針盤 [R] 惑わしの羅針盤

LP:1
狙った相手をほぼ確実に返却できる。自分にオープンスキルを使いまわしたいユニットがいる場合は特に強力。中盤以降の大型対策として。
同盟条約 [R] 同盟条約

LP:3
デメリットが軽くLP3の中では採用率が高い。自分が防御力のあるユニットを使わないならほぼ完全にデメリットは0になる。5枚目によく配置されている。
天変地異 [HN] 天変地異

LP:1
グリモアデッキの大量破壊兵器。ある程度の魔法発動回数がないとダメージ効率が悪いので3〜4枚目に配置すると良い。
赤い大雷 [HN] 赤い大雷

LP:1
ダメージ量と対象数のバランスが良く、ダメージ系の中でも強力。ある程度相手が展開したところを狙いたいので、2枚に配置しておくと安定する。クローズ時に完全回復するユニットへの対策になるため、ローティアが多い現環境に刺さる。

アルテイルNEO(アルネオ)カードデータベース

© Coreedge Inc / © So-net Game Studio Limited
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。