【アルネオ】おすすめシールド一覧

アルテイルNEOのおすすめシールドをパック別に一覧で紹介します。ぜひデッキ構築の参考にしてみてください。

ベーシックのおすすめシールド

カード 備考と解説
不死鳥の降臨 [LR] 不死鳥の降臨

LP:1
小〜中型対策として序盤に強い。Lv制限の都合、腐る場面や自爆する場面も多いので、最悪自分の光の精霊を再利用できるようにすると良い。
生命の雨 [LR] 生命の雨

LP:1
全体ダメージに弱い小型系デッキなどで採用される。大体の場合は3〜4枚目にセットされている。なお、バトルフィールドのユニットは1〜9の順番でリムーブされ、LPが減少してシールドスキルが発動するため、このシールドを使う場合は配置場所により気を配っておきましょう。
蘇生の炎 [SR] 蘇生の炎

LP:1
最大HPが重要なユニットやクローズ時に完全回復するユニットと組み合わせると強力。大体は序盤に使われるが、デッキごとに強化先のユニットを配置するタイミングに合わせた位置にセットすると良い。なお、相手ユニットがいなくても強化だけはできる。
魂断ちの呪い鎌 [SR] 魂断ちの呪い鎌

LP:1
貴重な墓地送り。決まれば大きく、後半に配置した精霊を安全に処理できる。ただし、対象となる相手ユニットがいなくても発動してしまうため、リスクもある。
地脈の力 [R] 地脈の力

LP:1
基本的に無駄にはならず、ダメージ系では特に使いやすくバランスが良い。レアリティも低く、序盤は迷ったらこれを3枚入れておくだけでも強い。
精神の集中 [R] 精神の集中

LP:1
リフェスは例外だが、大体の厄介なユニットを退けられるため採用率の高い返却系。デメリットもあるため中盤以降に発動させるように配置すると良い。
水霊の加護 [R] 水霊の加護

LP:2
魔法回数を伸ばすデッキタイプのシールドにおすすめ。ライフが2あるのも評価ポイント。
後悔の念 [R] 後悔の念

LP:3
デメリットが軽くLP3の中では採用率が高い。5枚目によく配置されている。
戦花の一撃 [HN] 戦花の一撃

LP:1
ダメージ量と対象数のバランスが良く、ダメージ系の中でも強力。ある程度相手が展開したところを狙いたいので、2枚に配置しておくと安定する。しかしながら、同様の効果で最大HP減少の「赤い大雷」が優先されることも多い。
大地の巨拳 [HN] 大地の巨拳

LP:1
蘇生の炎の亜種。ダメージ量が多い。あまり最大HPが重要でない場合はこちらもあり。
冥将軍の儀式 [HN] 冥将軍の儀式

LP:1
デメリットの無い返却系。アクション終了状態が条件なので、本体が攻撃される想定の位置か、アクション終了系スペルとの組み合わせで使われる。
奇跡の光 [N] 奇跡の光

LP:1
大型デッキなどが1〜2枚目に配置することが多い、無難かつ強力なSP増加。
水の鏡 [N] 水の鏡

LP:1
返却系では特に使い勝手が良い。本体が殴られたときに強く、オープンタイミングでもアクション終了系スキルがあれば狙い撃ちも可能。ただし対象はランダムなため、自爆には注意。
鎧徹し [N] 鎧徹し

LP:2
そこそこのLPとダメージ量で序盤中盤の耐久力が上がるが、後半は一撃で倒せない相手も多く、過信はできない。

戦いの嚆矢のおすすめシールド

カード 備考と解説
べっとりな罪悪感 [LR] べっとりな罪悪感

LP:1
SP減少系では最も使いやすいシールドで、盤面に触れないが序盤中盤の遅延力は高い。小型速攻系デッキの1枚目や戦闘用魔法少女/欠陥品のスキルで毎ターン発動するなどのコンボで使用される。
冥府の小匣 [LR] 冥府の小匣

LP:1
小〜中型の並べると強いデッキと好相性。効果の程はタイミング次第なのでデッキを選ぶが、一方的に攻撃することで盤面を取り、SP増加で次を展開できれば強力。2〜3枚目など、デッキごとに展開の山場になる位置に配置すると良い。
冥府の呼び手 [SR] 冥府の呼び手

LP:1
小型デッキで序盤に相手の中〜大型ユニットを倒しつつ展開の遅延を狙える。
黒森の血まみれ牙 [R] 黒森の血まみれ牙

LP:1
ダメージ系のシールドの中でも特に対象が多く、タイミング良く発動できれば強力。ただし、未行動限定かつ序盤で3体を巻き込めるとは限らないため、ややデッキを選ぶ。
惑わしの羅針盤 [R] 惑わしの羅針盤

LP:1
狙った相手をほぼ確実に返却できる。自分にオープンスキルを使いまわしたいユニットがいる場合は特に強力。中盤以降の大型対策として。
断罪の時 [R] 断罪の時

LP:1
速攻系デッキの切り札。デメリットも大きいためこれで決まらなければ配色濃厚だが、相手のLPがやけに少ないときはこれが3枚配置されていることを警戒したほうがいい。
同盟条約 [R] 同盟条約

LP:3
デメリットが軽くLP3の中では採用率が高い。自分が防御力のあるユニットを使わないならほぼ完全にデメリットは0になる。5枚目によく配置されている。
赤い大雷 [HN] 赤い大雷

LP:1
ダメージ量と対象数のバランスが良く、ダメージ系の中でも強力。ある程度相手が展開したところを狙いたいので、2枚に配置しておくと安定する。クローズ時に完全回復するユニットへの対策になるため、ローティアが多い現環境に刺さる。
水の蛇 [HN] 水の蛇

LP:2
たかめのLPに加え、比較的どのタイミングでも強いスキルを持ち、復活系など一部のクローズスキル持ちユニットの対策にもなる便利シールド。

EX

カード 備考と解説
魂の拷問器 [SR] 魂の拷問器

LP:2
大型デッキ等で使われる半全体除去。HP減少のため、複数発動させて効果を累積させたり、他のダメージ系スキルや罰の穴と組み合わせると強力。

聖域攻防戦のおすすめシールド

カード 備考と解説
死者の息吹 [LR] 死者の息吹

LP:1
返却と同レベルで決まると大きい、強力なスキル。ダメージだけ、SP減少だけでもそれなりに強く、序盤に使っていきたい。
一時の休息 [SR] 一時の休息

LP:1
全体バフ兼再行動のできる切り札。普通に使うと相手のアタックに賭けることになるが、大突風を合わせることで自分だけ動けるコンボが狙える。
強襲作戦 [SR] 強襲作戦

LP:1
自分だけ墓地回収しつつダメージを与えられる。ある程度墓地がたまる中〜後半に発動したい。
威風堂々 [SR] 威風堂々

LP:2
味方ユニットの防御力を大幅に上げられる。場合によっては、相手にとって詰みの状況にもなりえるので、最後の切り札として使える可能性がある。
魔法のトビラ [R] 魔法のトビラ

LP:1
メリット付きの返却スキル。並べるデッキであればバフだけでも強いが、対象も狭いので、環境を読んで使いたい。
難攻不落 [R] 難攻不落

LP:3
同時に複数のユニットがクローズした場面では、敗北を回避できる。ただし、相手のシールドアタックのタイミングによっては大きなデメリットとなることもある。
火炎奔流 [HN] 火炎奔流

LP:2
水の蛇に似たシールド。大怪獣とのコンボや、次のターンでの撃破狙いであればこちらのほうが強いので、デッキによって使い分けていきたい。
鬼族の力比べ [N] 鬼族の力比べ

LP:2
実質LP1なシールド。この効果でHPが0になったユニットは効果処理中はクローズしていないため、回復することでデメリットを消したり、返却や墓地送りに利用するコンボも可能。
迷走の霧 [N] 迷走の霧

LP:3
実質LP2なシールド。水の鏡とのコンボが強力。

真紅の姫君のおすすめシールド

カード 備考と解説
決別の炎 [SR] 決別の炎

LP:1
バフ目当てで使うと、魔法のトビラ、響天動地よりも使いやすく強力。また、最大HP減少なので、ガエターノをはじめとして刺さる相手には刺さる。

アルテイルNEO(アルネオ)カードデータベース

© Coreedge Inc / © So-net Game Studio Limited
当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該ゲームの提供元に帰属します。

コメント

読み込み中です

    ゲームをもっと楽しむならBoom App Games

    Boom App Gamesでは「ゲームをもっと楽しむ」をテーマに、スマホゲームを中心に、あらゆるゲームのニュースと攻略情報を配信しています。
    新しいゲームと出会えるゲームレビュー、今プレイしているゲームがもっと楽しくなる攻略記事、新作ゲームの事前登録情報や配信スケジュールなど様々なコンテンツをお届け中。